あなたとファイナンシャルプランナーをつなぐ「withFP」

住宅ローン・資産運用等、FPが無料相談をお受けします。 お気軽にお申し込みください。

RSS Feed

少額でできる資金運用にはどんなものがある?

Comments Off

投資は、決して多額の資金を持たなくてもできます。

株式投資も、昔は100万単位の資金が無ければできないイメージでしたが、ミニ株は単元の10分の1から取引ができるので、少額からでも投資が可能です。

少額投資の代表格といえば、FX投資でしょう。

個人投資家が自由に取引できるようになったことと、インターネットが普及したこともあり、一時は大ブームを起こしました。

FXとは2国間の通貨のレートの差額を利用して、売買を繰り返すことによって利益を得ようとする投資方法です。

取引単位を小さく設定しているFX業者を利用すれば少額から投資が可能で、1万円からでもすることができます。

また、レバレッジを利用すれば、少ない資金で大きなお金を動かすことができ、うまくいけば利益も大きくなります。

ただし、高レバレッジで運用すると、損失額も大きくなってしまうため、低レバレッジで少額から始めるのが無難でしょう。

また、バーチャルでFX投資を試すことができる会社も数多くあるので、まずは仮想通貨で取引に慣れてみるというのも、一つの手です。

手持ちが少なくても不動産投資で資産運用ができる?

Comments Off

不動産投資とは、不動産に資金を投資して、資産運用をしようというものです。

不動産投資は、賃貸料による利益と、転売による利益の2種類があります。

購入したときよりも高く売却できれば利益もでますが、バブル時代のような都合の良い転売をすることは、ほぼ不可能です。

現在では、賃貸料で利益を得ようとする不動産投資が主流となっています。

投資物件にも住宅用、店舗用と色々ありますが、一番身近なのが、アパート経営による投資でしょう。

不動産投資といえば、多額の資金が無ければできないイメージがありますが、実はそうではありません。

ローンを支払いながら、投資をする人もいます。

うまくいけば、ローン支払いにさらに利益をプラスした賃料を得ることもできます。

しかし、アパートを所有すれば順調に賃料が手元に入るというわけではありません。

空き部屋があれば賃料も入りませんし、住人による延滞という事態も予測できます。

また、建物は時が経てば老朽化してきますし、修繕費用もかかってきます。

不動産投資をするには、これらの問題点をどう解決していくかを、考えていかなくてはいけないでしょう。

保険を解約すると戻ってくるお金って何?

Comments Off

一定期間病気しなかったら、積立ボーナスがもらえる積み立て型保険もありますが、保険金、積立金以外にも、戻ってくるお金があります。

それが解約返戻金(かいやくへんれいきん)と言います。

解約返戻金とは、保険を解約したときに戻ってくるお金のことです。

「自分の保険は掛け捨てだから解約しても戻ってくるお金は無い」と思っている人でも、解約返戻金が戻ってくることもあります。

自分の保険が解約返戻金付きなのかどうか分からなければ、保険証券を確認してみましょう。

または約款に、解約返戻金について説明されています。

解約して戻ってくる金額は、解約するタイミングによって違います。

その目安が保険証券に記載されていることもありますが、正確な金額を知りたければサポート窓口に連絡しましょう。

ただし、解約返戻金は、保険料が全額戻ってくるわけではありません。

基本の返戻率に基づいた金額から、支払われた保険金を差し引いたお金が解約時に戻ってきます。

住宅ローンは繰り上げ返済しないほうがいいのか?

Comments Off

20年、30年と長期で組むことが当り前の住宅ローンですが、予定より少しでも早くローンを払い終えて、ローンを払い続けるストレスから解放されたいと思う人も多いのではないでしょうか?

住宅ローンを予定より早く返済することを、繰り上げ返済といいます。

繰り上げ返済をうまくすれば、返済時期を早め、金利も低く抑えることも可能です。

しかし、繰り上げ返済には注意しないといけないことがあります。

そのひとつに、住宅ローン控除があります。

住宅ローン控除とは、住宅ローンで家を購入した人に、税金面で優遇する制度のことです。

その対象となる住宅ローンが、10年以上支払い続けるローンです。

控除率は1%から1.2%ぐらいで、所得税から控除されます。

ですから、繰り上げ返済するときにも無計画にするのではなく、きちんとシミュレーションを行った上で、ベストなタイミングに繰り上げることが大切なのです。

もちろん、早く支払いを終えることはいいことですので、どのタイミングまで繰り上げするかを、検討しましょう。

ファイナンシャルプランナーの仕事内容はどんなもの?

Comments Off

ファイナンシャルプランナーの仕事は、主に個人向けのお金について、アドバイスする仕事です。

具体的には、保険のアドバイスをしたり、税金に対する相談に乗ったり、住宅ローンについてアドバイスしたりすることです。

銀行のローン相談窓口や、保険外交員といった仕事も内容もありますね。

独立して事務所を構えることも可能ですが、ファイナンシャルプランナーの仕事内容だけを専門に独立するのは、正直厳しいものがあり、多くの人が他の業務も請け負っています。

例えば税理士、社会保険労務士、宅地建物取引主任者、中小企業診断士などの資格も同時に持つ人が多く、他の資格と合わせて取得すると、役立つ資格といえます。

例えば、宅地建物取引主任者とファイナンシャルプランナーを同時に持っていると、不動産関係に強い仕事ができます。

不動産は購入のときの住宅ローンの組み方や資産運用など、ファイナンシャルプランナーの知恵を借りたいことが山積みですので、需要のある仕事といえます。

掛け捨て保険と積立型保険はどっちがお得?

Comments Off

掛け捨て保険とは、掛け金を支払うだけで、あとは保険適用の不測の事態が起こらない限り、掛け金が戻ってこない保険のことです。

病気も何もなければ、保険金を受け取ることがまったくないので、ただ毎月お金を支払って勿体ないきもしますね。

積立て型保険とは、保険を使わなければ数年ごとにボーナスがもらえる積み立て型の保険もあります。

数年ごとにお金が戻ってくるなら、積立のほうが断然お得に思えますが、必ずしもそうとは限りません。

掛け捨て保険は、補償を重視していることが多く、万が一のための備えをしっかりとしたい人には向いている保険です。

もし貯蓄を重視したいなら、掛け捨ての保険に加入して別に貯蓄をすればよいという考えもできます。

健康に自信があって、強制的でもないとお金を溜めることができない人は、積立型保険が向いているかもしれません。

人それぞれ必要なものは違うので、自分にはどんな保険が向いているのか、十分に検討して選ぶと良いでしょう。

不動産を持つとどのようなお金がかかってくる?

Comments Off

不動産を待つと、様々な税金がかかります。

まず、不動産を購入したときには不動産取得税、印紙税、登録免許税がかかります。

取得税は購入、贈与などで不動産を取得したときに、最初に1回だけ支払う税金です。

住宅の場合、新築と中古で税金の計算方法が変わってきます。

印紙税とは、不動産を購入した時に、売買契約書に貼る印紙代のことです。

契約書に書かれてある、不動産の金額に応じた印紙税を納めます。

免許税とは、不動産を登記簿に登録するときに支払う税金です。

また、これ以外にも、不動産を保有する人は払い続けなければいけない税金があります。

それが固定資産税というもので、毎年1月1日の時点での所有者に税金の請求がいきます。

他にも都市計画税というものがあります。

都市計画税も毎年支払わなくてはいけないもので、同じ時期に納税通知書が届きます。

毎年5月から6月にかけては、様々な税金の請求が来るので、大きな固定資産を持っている人は、資金計画をしっかりしなくてはいけませんね。

相続のときにかかる税金について教えてほしい

Comments Off

親が亡くなって不動産などの資産を相続すれば、相続税がかかってきます。

相続税は財産を相続した人が、税務署に申告して支払います。

その期限は、被相続人が亡くなってから10ヶ月以内と定められています。

課税される対象は不動産以外にも、自動車、預貯金、有価証券、事業の営業用に至るまで!

ただし、相続税は税金がかからない範囲があります。

相続金額が5千万+1千万×相続人数を超えなければ、相続税はかかりません。

しかし、いきなり大きな財産を相続してしまうと、その相続税を支払わなくてはいけなくなるので、支払いが困難な人もいます。

そんな人の場合は、延納、物納という措置が容易されています。

ただし、利子税が加算されたり、担保が必要だったりすることもあります。

相続を辞退するという方法もありますが、養子縁組をして法定相続人を増やすという方法などもあります。

このような相続税対策は、できるだけ早めに行っておかないとトラブルになってしまいますので、もし相続する財産がある人は、早いうちに対策を取っておきましょう。

住宅ローンの変動金利と固定金利とは?

Comments Off

住宅ローンを組むときに、どの金利を選んだらいいのかということが悩みの種です。

変動金利とは、短期プライムレートに連動して変動する金利のことです。

金利見直しが年2回4月と10月にあります。

つまり、短期プライムレートに合わせて金利が低くなれば、お得ですよね。

ただし、上がる可能性もあります。

また、最初の5年間はレートに関係なく、返済額は変動ありません。

固定金利は返済期間すべて固定金利となります。

変動金利に比べると毎月の支払額を若干抑えることができ、計画が立てやすいというメリットがあるものの、全体を通してみると、金利が高くなります。

また、固定と変動二つを合わせた、固定金利選択型という金利もあります。

一定期間のみ固定金利で、あとは金利見直しにより変動するという仕組みになっています。

金利だけでいえば変動金利のほうがお得なのですが、ちゃんと払い続けることができるか十分にシミュレーションし、それぞれのライフスタイルに合わせた住宅ローンを選択しましょう。

ファイナンシャルプランナー(FP)になるにはどうしたらいい?

Comments Off

お金のプロというイメージがあるファイナンシャルプランナーですが、なりたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

ファイナンシャルプランナーになるには、まずAFPという資格を取得しましょう。

日本FP協会が認定している資格ですが、取得するには協会認定の教育機関で、規定の講習を修了し、さらに2級FP技能検定に合格する必要があります。

また、試験に合格するだけではなく、その後日本FP協会に登録して初めてAFP資格が取得できるのです。

2級FP技能検定の試験は、年に3回チャンスがあります。

さらに上級を目指したいという人には、1級FP技能検定がありますが、こちらも年に3回のチャンスがあります。

合格率は3割にも満たないというぐらい難易度が高く、科目数も出題範囲も広くて大変です。

仕事に役立てるなら、やはり2級以上を取らなくてはいけませんが、もし個人的な資産運用に知識を役立てたいというなら、3級にチャレンジするのもいいでしょう。

サイト内検索