あなたとファイナンシャルプランナーをつなぐ「withFP」

住宅ローン・資産運用等、FPが無料相談をお受けします。 お気軽にお申し込みください。

RSS Feed

不動産を持つとどのようなお金がかかってくる?

Comments Off
Posted by admin on 2012年12月5日 at 5:26 AM

不動産を待つと、様々な税金がかかります。

まず、不動産を購入したときには不動産取得税、印紙税、登録免許税がかかります。

取得税は購入、贈与などで不動産を取得したときに、最初に1回だけ支払う税金です。

住宅の場合、新築と中古で税金の計算方法が変わってきます。

印紙税とは、不動産を購入した時に、売買契約書に貼る印紙代のことです。

契約書に書かれてある、不動産の金額に応じた印紙税を納めます。

免許税とは、不動産を登記簿に登録するときに支払う税金です。

また、これ以外にも、不動産を保有する人は払い続けなければいけない税金があります。

それが固定資産税というもので、毎年1月1日の時点での所有者に税金の請求がいきます。

他にも都市計画税というものがあります。

都市計画税も毎年支払わなくてはいけないもので、同じ時期に納税通知書が届きます。

毎年5月から6月にかけては、様々な税金の請求が来るので、大きな固定資産を持っている人は、資金計画をしっかりしなくてはいけませんね。

Comments are currently closed, but you can trackback from your own site.

サイト内検索