あなたとファイナンシャルプランナーをつなぐ「withFP」

住宅ローン・資産運用等、FPが無料相談をお受けします。 お気軽にお申し込みください。

RSS Feed

Archives for FP(ファイナンシャルプランナー)が教える資産運用

初心者の投資方法~最初は少額から~

Comments Off

ファイナンシャルプランナーも、最初はみんな初心者です。

試験に合格たら全部できるわけではありません。

特に株式投資などは机上の計算では想像もできないようなことが起こることだってあります。

ですから、経験が大事になってくるのです。

株式投資の力をつけるためには、何よりも経験が大事です。

バーチャルではその経験を積むことができません。

では、どのような方法で経験を積んでいけばよいのでしょうか。

まず、少額の投資から始めるようにしましょう。

ただし、少額といっても、あまりにも少なくてなくなっても痒いくらいの金額では意味がありませんから、「この金額がなくなったら相当へこむ」というくらいの金額を投資するとよいでしょう。

投資の額が少ないうちに失敗をたくさん重ねて、それを経験にしていくのです。

特に株が下がってしまったときのことを想定する力をつけておくのは大切です。

間違っても最初から大金を投資しないように。

失敗すればあっという間に退場!なんてこともあるのですから。

12月 5, 2012

保険を解約すると戻ってくるお金って何?

Comments Off

一定期間病気しなかったら、積立ボーナスがもらえる積み立て型保険もありますが、保険金、積立金以外にも、戻ってくるお金があります。

それが解約返戻金(かいやくへんれいきん)と言います。

解約返戻金とは、保険を解約したときに戻ってくるお金のことです。

「自分の保険は掛け捨てだから解約しても戻ってくるお金は無い」と思っている人でも、解約返戻金が戻ってくることもあります。

自分の保険が解約返戻金付きなのかどうか分からなければ、保険証券を確認してみましょう。

または約款に、解約返戻金について説明されています。

解約して戻ってくる金額は、解約するタイミングによって違います。

その目安が保険証券に記載されていることもありますが、正確な金額を知りたければサポート窓口に連絡しましょう。

ただし、解約返戻金は、保険料が全額戻ってくるわけではありません。

基本の返戻率に基づいた金額から、支払われた保険金を差し引いたお金が解約時に戻ってきます。

12月 5, 2012

ファイナンシャルプランナーの仕事とは何か

Comments Off

そもそもファイナンシャルプランナーの仕事というのはどのようなものなのでしょうか。

簡単に言えば、企業や個人のライフプランの裏づけをする仕事、といった感じでしょうか。

企業なら、会社にどの程度の利益が上がるのか、その予想と、投資の予定、今後の希望などを全体的にまとめて、借入金などの資金繰りなどをアドバイスします。

個人が相手なら、住宅の購入や保険の相談が主になります。

その人が考えるライフプランを一緒に考え、夢や希望を聞き、あらゆる面でのリスクを考えて、プランにアドバイスします。

個人だと特に、住宅ローンのことや、税金、投資のことなどなど、自分だけではどうしても考えきれない部分も多く出てくるものです。

お金の出入り、そして貯金の方法…様々な面からお金にまつわる部分をサポートする仕事、といってもよいでしょう。

最近の経済は日々複雑になってきており、ファイナンシャルプランナーの存在は必要不可欠になりつつありますから、日々しっかりと情報収集や人脈作りをし、顧客のためにできることを精一杯やりましょう。

12月 5, 2012

手持ちが少なくても不動産投資で資産運用ができる?

Comments Off

不動産投資とは、不動産に資金を投資して、資産運用をしようというものです。

不動産投資は、賃貸料による利益と、転売による利益の2種類があります。

購入したときよりも高く売却できれば利益もでますが、バブル時代のような都合の良い転売をすることは、ほぼ不可能です。

現在では、賃貸料で利益を得ようとする不動産投資が主流となっています。

投資物件にも住宅用、店舗用と色々ありますが、一番身近なのが、アパート経営による投資でしょう。

不動産投資といえば、多額の資金が無ければできないイメージがありますが、実はそうではありません。

ローンを支払いながら、投資をする人もいます。

うまくいけば、ローン支払いにさらに利益をプラスした賃料を得ることもできます。

しかし、アパートを所有すれば順調に賃料が手元に入るというわけではありません。

空き部屋があれば賃料も入りませんし、住人による延滞という事態も予測できます。

また、建物は時が経てば老朽化してきますし、修繕費用もかかってきます。

不動産投資をするには、これらの問題点をどう解決していくかを、考えていかなくてはいけないでしょう。

12月 5, 2012

必要とされるファイナンシャルプランナーと独立

Comments Off

ファイナンシャルプランナー、最近よく聞く名前ですね。

近年、複雑化する経済状況を打破する存在として、個人でも企業でも、ファイナンシャルプランナーの存在というのは大きなものになりつつあります。

特に、金融業界においてはなくてはならない存在になっています。

銀行や証券会社に勤める人は持っていて当たり前の資格になりつつあるのです。

さらに、不動産は人生で一番高い買い物になる可能性が高いものですので、不動産業界でもファイナンシャルプランナーの資格は必要とされています。

また、国家資格でもあるためにファイナンシャルプランナーとして独立することも可能です。

しかし、それは茨の道になる可能性が高いものです。

独立した場合、多くは個人を相手にすることになります。

法人の場合は顧問税理士がファイナンシャルプランナーと同じ仕事をするために、わざわざ外から雇うことはほとんどしません。

また、個人でも保険を使った資産運用などを考える人がまだあまり日本にはいないために、顧客を囲うのも一苦労なのです。

ファイナンシャルプランナーとして生活していくには、それ相応の力と工夫が必要になるといってよいでしょう。

12月 5, 2012

少額でできる資金運用にはどんなものがある?

Comments Off

投資は、決して多額の資金を持たなくてもできます。

株式投資も、昔は100万単位の資金が無ければできないイメージでしたが、ミニ株は単元の10分の1から取引ができるので、少額からでも投資が可能です。

少額投資の代表格といえば、FX投資でしょう。

個人投資家が自由に取引できるようになったことと、インターネットが普及したこともあり、一時は大ブームを起こしました。

FXとは2国間の通貨のレートの差額を利用して、売買を繰り返すことによって利益を得ようとする投資方法です。

取引単位を小さく設定しているFX業者を利用すれば少額から投資が可能で、1万円からでもすることができます。

また、レバレッジを利用すれば、少ない資金で大きなお金を動かすことができ、うまくいけば利益も大きくなります。

ただし、高レバレッジで運用すると、損失額も大きくなってしまうため、低レバレッジで少額から始めるのが無難でしょう。

また、バーチャルでFX投資を試すことができる会社も数多くあるので、まずは仮想通貨で取引に慣れてみるというのも、一つの手です。

12月 5, 2012

特別ではない?ファイナンシャルプランナーの資格と知識

Comments Off

実は、ファイナンシャルプランナーがもつ知識というのは、何も特別なものではありません。

誰にでも必要な知識がたくさんあるのです。

例えば保険、年金、税金、不動産などがそれに当たります。

こうした「お金」にもまつわる知識が備わっていれば、生活において役立てることができることは間違いありません。

そう、ファイナンシャルプランナーの知識や資格というのは仕事だけでなく、生活においても大きな力を発揮するものなのです。

投資をしているファイナンシャルプランナーもいますが、それは相応の知識を持っているからこそできることでもあるでしょう。

今や定期預金の利息での利回しは期待できません。

ですから自分でやりくりをする力を誰もがつけていかなくてはならない時代になりつつあるのです。

そしてファイナンシャルプランナーの資格の最大のメリットは、自分で自分のライフプランをしっかりと考えることができるようになることでしょう。

そうして知識を身につけていくことで、将来の生活にも余裕を増やすことができるようになるのです。

ファイナンシャルプランナーの資格は、生活して行く上でも決して損はない資格です。

老後、楽しく暮らすためのプランを今からでも考えてみてはいかがでしょう。

そのための手助けをきっとファイナンシャルプランナーの資格がしてくれますよ。

12月 5, 2012

ファイナンシャルプランナー(FP)になるにはどうしたらいい?

Comments Off

お金のプロというイメージがあるファイナンシャルプランナーですが、なりたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

ファイナンシャルプランナーになるには、まずAFPという資格を取得しましょう。

日本FP協会が認定している資格ですが、取得するには協会認定の教育機関で、規定の講習を修了し、さらに2級FP技能検定に合格する必要があります。

また、試験に合格するだけではなく、その後日本FP協会に登録して初めてAFP資格が取得できるのです。

2級FP技能検定の試験は、年に3回チャンスがあります。

さらに上級を目指したいという人には、1級FP技能検定がありますが、こちらも年に3回のチャンスがあります。

合格率は3割にも満たないというぐらい難易度が高く、科目数も出題範囲も広くて大変です。

仕事に役立てるなら、やはり2級以上を取らなくてはいけませんが、もし個人的な資産運用に知識を役立てたいというなら、3級にチャレンジするのもいいでしょう。

12月 5, 2012

住宅ローンの変動金利と固定金利とは?

Comments Off

住宅ローンを組むときに、どの金利を選んだらいいのかということが悩みの種です。

変動金利とは、短期プライムレートに連動して変動する金利のことです。

金利見直しが年2回4月と10月にあります。

つまり、短期プライムレートに合わせて金利が低くなれば、お得ですよね。

ただし、上がる可能性もあります。

また、最初の5年間はレートに関係なく、返済額は変動ありません。

固定金利は返済期間すべて固定金利となります。

変動金利に比べると毎月の支払額を若干抑えることができ、計画が立てやすいというメリットがあるものの、全体を通してみると、金利が高くなります。

また、固定と変動二つを合わせた、固定金利選択型という金利もあります。

一定期間のみ固定金利で、あとは金利見直しにより変動するという仕組みになっています。

金利だけでいえば変動金利のほうがお得なのですが、ちゃんと払い続けることができるか十分にシミュレーションし、それぞれのライフスタイルに合わせた住宅ローンを選択しましょう。

12月 5, 2012

相続のときにかかる税金について教えてほしい

Comments Off

親が亡くなって不動産などの資産を相続すれば、相続税がかかってきます。

相続税は財産を相続した人が、税務署に申告して支払います。

その期限は、被相続人が亡くなってから10ヶ月以内と定められています。

課税される対象は不動産以外にも、自動車、預貯金、有価証券、事業の営業用に至るまで!

ただし、相続税は税金がかからない範囲があります。

相続金額が5千万+1千万×相続人数を超えなければ、相続税はかかりません。

しかし、いきなり大きな財産を相続してしまうと、その相続税を支払わなくてはいけなくなるので、支払いが困難な人もいます。

そんな人の場合は、延納、物納という措置が容易されています。

ただし、利子税が加算されたり、担保が必要だったりすることもあります。

相続を辞退するという方法もありますが、養子縁組をして法定相続人を増やすという方法などもあります。

このような相続税対策は、できるだけ早めに行っておかないとトラブルになってしまいますので、もし相続する財産がある人は、早いうちに対策を取っておきましょう。

12月 5, 2012

サイト内検索