あなたとファイナンシャルプランナーをつなぐ「withFP」

住宅ローン・資産運用等、FPが無料相談をお受けします。 お気軽にお申し込みください。

RSS Feed

Archives for FP(ファイナンシャルプランナー)が教える資産運用

老後の生活について早いうちから考えたとき、賢く資産運用ができる方法とは?

Comments Off

あなたは自分の老後について考えたことはありますか?

もしかしたら現実に老後の生活について直面している方もいらっしゃるかもしれませんが、若いうちから将来のことを不安に考えている人は、この時代、賢い人と言えます。

個人年金という考え方が流行している現在、早いうちから資産運用の一環として年金型の金融商品に加入している方はそれだけで老後のアドバンテージがあると考えることができるからです。

つまり、資産運用を早いうちからすることで大きく膨れ上がっていくものが個人年金ですから、若いうちから積み立てていくと老後になってから比較的余裕が作りやすいのです。

これが銀行への預金で良いと考えている人や、そもそも老後の生活について考えていない人だと大きな差が生まれてしまいます。

しかし、自力で理想の金融商品を選ぶのはなかなか難しいですよね。

そこでお金のプロであるファイナンシャルプランナーへ相談してみましょう。

彼らは皆、資産運用についてプロですから老後のことを想像したプランを提案してくれますよ。

12月 5, 2012

最近話題の個人年金。どうして個人年金を始めた方がいいの?

Comments Off

ライフプランを考えるのにあたって気になるのは資産運用の方法。

最近、特に注目されているのは個人年金と言う考え方ですが、皆さんは対策していますか?

国民年金制度が破たんしつつある現在、どうにかして老後の資産を確保しておきたいと考えているあなたにとって、現在多くの保険会社から65歳を満期にした個人年金のプランはとても魅力的なものではないでしょうか?

例えば、1,000万円を積み立てて行くと65歳の時点で1,200万円にまでなるというプランもあります。

もちろん、保険ですから万が一のことがあった場合に保険金が降りるようになっているので、ご家族の方にとっても良いプランといえるのではないでしょうか?

特に加入する年齢が早ければ早いほど月々の保険料に換算すると負担が少なくなります。資産運用を考えている方は、リスクの少ない個人年金に投資して、早いうちから資産を膨らめておくように考えておくとよいでしょう。

きっと、あなたの将来を手助けしてくれるはずです。

12月 5, 2012

投資に使われる特定口座とは何か

Comments Off

さて、ファイナンシャルプランナーを目指すのであれば投資についてもしっかりと理解しておかなくてはいけません。

その投資の際によく話しに出る「特定口座」というものについて、理解していますか?

特定口座というのは、証券会社がその口座を所有する人の1年間の取引を計算して、年間取引報告書を作成してくれる、というものです。

いわば「投資のための口座」です。

特定口座ができるまでは、確定申告をするために投資家は全て自分で取引を計算しなくてはならず、とても面倒だったのです。

それがこの特定口座の登場で非常に楽になったのです。

この特定口座にもいくつか種類がありますが、投資の初心者にオススメするのであれば、「源泉徴収無しの特定口座」が一番オススメでしょう。

これは、給与所得が2000万円以下で売却益が20万円以下なら確定申告の必要がないのです。

さらに年間で損失が発生した場合には損を繰越することもできるので、非常に便利なのです。

確定申告の手間こそありますが、初心者にはこれが一番使い勝手がよいでしょう。

12月 5, 2012

インフレとデフレって?生活には影響するものなのか?

Comments Off

ファイナンシャルプランナーの世界では『インフレ』や『デフレ』などの言葉を良く目にすることになりますが、これらって一体何なのでしょうか?

生活にこれらが関わることで、果たしてどのような影響が出てくることになるのでしょうか。

そこで、今回はファイナンシャルプランナーともかかわりの深い『インフレ』と『デフレ』についてご紹介したいと思います。

まず、『インフレ』について。

これはインフレーションの略称であり、物価が上昇してしまうことを指します。

この物価の上昇は継続的に起こることで通貨の価値が下がってしまうことになります。

そして『デフレ』。

こちらはデフレーションの略称で、インフレとは反対に物価が下落してしまうことを指しています。

これによって、継続的に物価の下落が起こると、通貨の価値はどんどん上がっていきます。

インフレとデフレ、どちらにもデメリットが存在するのであまりにも過度にこれらが起こってしまうと非常に大変なこととなってしまいます。

生活が安定するためには、物価もある程度安定していることが重要であるということが分かりますよね。

12月 5, 2012

資産運用に困ったら……確実に資産を積み上げていく方法とは?

Comments Off

老後の生活を考えて、若いうちから貯金をする方が増えています。

しかし、多くの場合は銀行貯金、せいぜい定期預金に貯蓄するといった程度で、あまり金利のことを考えると良い方法ではないと言えます。

しかし、金利が高いものやリターンが大きいものはリスクが高いのが基本。

例えば、株式投資や外貨預金の場合、会社の業績や円高・円安といった社会情勢に大きく左右されてしまいますよね。

そうなると、安定した資産運用とは言えず、大きなリターンをつかむことが難しくなってしまいます。

しかし、現実には株式投資といったハイリスクハイリターンなものを活かしながら、元本を割らないような方法を使って資産を膨らめている人も存在します。

多くの場合はプロの投資家によるものですが、お金の使い方に詳しくない一般人の場合はどのようにすれば良いのでしょうか?

そこで、ファイナンシャルプランナーに相談してみましょう。

彼らは様々な方法を駆使してライフプランを見直してくれます。

資産運用に迷ったら相談してみてはいかがでしょうか?

12月 5, 2012

FXによる資産運用。ローリスクで始めるためにはどうすべきか?

Comments Off

資産運用を考えるときに、多少のリスクがあっても良いからハイリターンを期待したいというケースもあるはずです。

毎月安定した貯金とは別に、余剰資産をどのように運営するか考えると、最近人気になっている金融商品の1つにFXが挙げられます。

FXとはつまり外貨預金による投資なのですが、それなりにリスクは存在します。

自分の生活費を削ってまで短期間での投資を行おうとすると焦りが出てきて、取り返そうという気持ちから売り時や買い時を見誤ってしまいます。

しかし、あらかじめ長期的な投資だと考えて行うようにすれば、外貨定期預金の感覚で積み立てることができます。

スワップ金利という、2国間の間にできた金利差によって利息を獲得する方法を重視していけば一度預けたまま、後は投資のことをほとんど考えずに生活することができます。

もちろん、海外で大きなニュースがあって暴落する可能性も0とは言えません。

しかし、ある程度安定した先進国の外貨と日本円の場合でも、ほとんどのケースで金利が発生します。

FXを始める時はスワップ・トレードを勉強するとよいかもしれません。

12月 5, 2012

株の投資とそれに伴う配当金について

Comments Off

株についての知識はファイナンシャルプランナーにとってはなくてはならない知識でもあります。

特に、株初心者の方が気にする部分が「配当金」についてでしょう。

この配当金についてもしっかりと説明できるようにしておきましょう。

配当金とは、利益を上げた企業がその利益の一部を株主に配分するお金のことです。

通常であれば、配当は年に1回、または2回行われます。

しかし、これは必ずされるものではなく、時にはもらえないことだってあります。

企業が赤字に転落したり、あるいは配当を打ち切ったり、もしくはもともと配当金の制度がない企業だってあるのです。

では、配当がない企業というのは悪徳企業なのか、といえばそうではありません。

配当がないといわれるとがっかりするかもしれませんが、その配当に回す文のお金を事業の拡大に使っていることだってあります。

ですので、今成長している企業は将来に期待して、投資を続けるとよいでしょう。

もしも、高配当の企業がいいということであれば、成長が終わり安定した経営をしている企業などを狙うとよいでしょう。

12月 5, 2012

自己破産ってどういうものなのか?手続きはどうするのか?

Comments Off

ファイナンシャルプランナーへの相談で、自己破産に関するものはなかなか多いようです。

そこで、自己破産とは一体どのようなものなのでしょうか?

ここでは、自己破産について簡単に解説を行っていきたいと思います。

自己破産とは、全ての債務を免除できる代わりに生活に必要なもの以外の自分の財産を失うというものです。

これを行うことで、破産宣告をした後は得た収入などを自分の債務の返済に当てる必要がなくなるため、経済的に更生していくことが出来るようになります。

これは国が作った制度のひとつで、債務超過によって困っている人を救済することが目的となっています。

この制度によって、債務超過で苦しんでいたとしても、立ち直るためのチャンスが得られるようになったのです。

ちなみに、自己破産は支払い不能状態となっている人が自己申告をして申し込むものです。

申し込んだ後、破産宣告を受けたら借金をゼロにするための免罪申し立てを行う…というのが一通りの手順となります。

12月 5, 2012

資産運用を賢く行う方法とは?個人年金がトレンドとなっている

Comments Off

厚生年金制度は本当に支払われるのかという不安がつきまとう方は多いでしょう。

若い世代はもちろん、ある程度年金を払ってきた40代、50代といった中高年世代ですら年金が支払われる保証はありません。

そこで、自分で年金を積み立てていくことが求められています。

ある人は銀行に定期積立を行い、ある人は株式投資を行い、ある人は国債を購入するといった選択をしています。

しかし、今最も確実で効率の良い方法は個人年金型の保険商品です。

万が一の事があった場合や、入院・通院といった不測の事態でも保証が支払われますし、もちろん、満期になった場合には積み立てていた資金が還元されます。

ここでポイントとなるのはどの程度の利率で、どれだけ資産運用の効果があるかです。

多くの方はそこまで考える余裕もなく、また、それだけの知識を持つことも難しいでしょう。

だからこそファイナンシャルプランナーが存在するのです。

彼らは専門的な知識を活かして、資産運用を効率よく行う方法を提案してくれます。

12月 5, 2012

養老保険を活用した意外な資産運用の方法とは?

Comments Off

個人事業主の方や節税意識が高い方にとって意外と効果的な資産運用の方法が養老保険。

もちろん、既に生命保険に加入している方など、不要と考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、養老保険の場合、生命保険として計算されるために4万円まで控除の対象となります。

資産運用を考える時、ついついどうやって資産を大きく膨らめるかを考えがちです。

しかし、安定して資産形成をしようと考えた時に、カギとなるのは貯蓄。

特に養老保険のメリットは控除の対象となるだけでなく、原則的には元本が保証された状態で満期を迎えるということです。

また、配当金のある商品もあるために元本の貯金だけでなく利益が出るという点も魅力的です。

銀行に定期積立をした方が利息も安定してつくしメリットがあるのではないかと考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、その場合は控除の対象にならないため、節税効果が低く、結果として利息分が税金で持ってかれてしまうので資産形成にあたって不利となる場合もあるのです。

12月 5, 2012

サイト内検索