あなたとファイナンシャルプランナーをつなぐ「withFP」

住宅ローン・資産運用等、FPが無料相談をお受けします。 お気軽にお申し込みください。

RSS Feed

Archives for FP(ファイナンシャルプランナー)が教える資産運用

安定した資産運用で元本保証がありながら資産が膨らむ方法とは?

Comments Off

資産運用をギャンブルと捉えている方がいらっしゃるようです。

事実、株やFXといった方法はリスキーな要素も強く、場合によっては貯蓄していた資産が目減りしてしまう可能性も秘めています。

しかし、元本が保証されているものの多くは非常に低金利で金融商品としては少しメリットに欠けるかなと思う人も多いでしょう。

そこで、なんとなく安全だからと結局銀行に貯蓄しておくという人も多いはずです。

しかし、高金利でありながら元本が原則的に保証されるという金融商品も多数あります。

例えば、個人年金や養老保険といった金融商品の場合、万が一の事があった場合にも対応できますし、同時に貯蓄もできるのです。

また、高金利であったり配当金があったり、さらには控除の対象になったりと、積立でありながら同時に様々なメリットがあります。

しかし、自分ひとりではどうにもわからないという方も多いでしょう。

金融商品はたくさんあるからです。

そこでファイナンシャルプランナーへの相談が人気となっているのです。

12月 5, 2012

資産運用のプロ。ファイナンシャルプランナーとは?

Comments Off

資産運用の方法について相談するならファイナンシャルプランナーに相談するのが良いといわれます。

そもそもファイナンシャルプランナーとはどのような職業なのでしょうか?

ファイナンシャルプランナーとは資産運用について保険や年金、その他お金に関する事柄のアドバイザーです。

また、資格もありますので、有資格者で級が高いほど造詣が深い方であるとも言えます。

実はファイナンシャルプランナーは、それ自体のみを職業としている人よりも資格として取得することで自分のキャリアアップに繋げている人の方が多いのです。

例えば保険の営業マン、銀行員、証券会社の営業マンなどがそれにあたります。

つまり、金融に関して得意な分野を持っている人が実務を行う上で、さらに顧客フォローを徹底するための知識であり資格であると言えます。

言い替えると、ファイナンシャルプランナーとはあなたがお金に対して悩みを抱えている時に解決してくれるパートナー。

少しでも気になることがあったら気軽に相談してみてはいかがでしょうか?

12月 5, 2012

住宅ローンにおけるFP知識…競売と任意売却って?

Comments Off

ファイナンシャルプランナーの世界ではお金に関する様々な用語が使われていますが、今回は住宅関連の用語について、見ていきましょう。

ご紹介するのは、『競売』という言葉と『任意売却』という言葉の二つです。

これらはファイナンシャルプランナーの世界でもよく目にするもので、住宅ローンなどを考える場合は頭に入れておきたいものですから、しっかり把握しておくようにしておきましょう。

まずは、『競売』についてです。

住宅ローンの支払いが滞り、その状態がしばらく続いてしまうと金融機関が裁判所に対して競売の申し立てを行います。

これが行われると、不動産は差し押さえられ、売却した代金が返済分に回せるような手続きを取られることになるのです。

次に、『任意売却』。

こちらも住宅ローンの支払い困難になった場合に関わることになるのですが、不動産を競売にかけることなく、両者が納得する額で売却するようにしていくことになります。

こちらは競売手続きに比べるとより高い金額を回収できる可能性もあるなどのメリットがあるようです。

12月 5, 2012

まだ同じ保険に加入し続けているという方へ。賢い資産運用の方法とは?

Comments Off

資産運用について真剣に考えたことはありますか?

「これから」という人もいらっしゃるでしょうし「すでに実践しているがもっと資産が膨らむ方法を考えたい」という人もたくさんいらっしゃるでしょう。

しかし、増やすことばかりを考えて出て行く部分を見直すという考え方にはまだ至らない方もいらっしゃいます。

もちろん、それ自体が悪いわけではありませんし、そういう方がほとんどです。

しかし、自分の収入を増やすこと以上に、支出を減らすことは実は簡単なことです。

特に保険はよく分からずに契約しているという方が多いもの。

例えば、車を買ったから何となく自動車保険に入った、知り合いの保険屋さんが勧めたから保険に加入したというケースも多いです。

しかし、あなたの生活が変化しているのに同じ保険に入っている場合、その保険が自分のライフステージに合わないという場合も多々あります。

そこでファイナンシャルプランナーとともに保険について見直すことが求められるのです。

12月 5, 2012

先行き不透明な時代に上手な資産運用を行うには?

Comments Off

資産運用には様々な考え方がありますが、先行き不透明な日本の現状を見る限り、中長期的で、かつ、確実に安全な投資で資産を膨らませていく必要があると言えるでしょう。

例えば、銀行に定期預金で預けるから大丈夫と考えているあなた。

もちろん、銀行への預け入れはもっともリスクの低い方法の1つ。

元本を割ってしまうことはまずありません。

しかし、資産を増やすことは難しいと言えるため、老後の資産形成においては不向きであると言わざるをえません。

そこで、お勧めしたい方法がファイナンシャルプランナーとともにローリスクで確実に、しかもできるだけ資産が大きく膨らむように資産運用を行う方法を考えていくことです。

自分1人では失敗してしまいそうな資産運用もプロと一緒に行うことでその成功率はぐんと高くなります。

今まで様々な投資にチャレンジして失敗してきた人でも、ファイナンシャルプランナーのアドバイスを受けながら投資を進めれば成功率は高くなりますよ。

12月 5, 2012

任意後県制度とは?|ファイナンシャルプランナー用語説明

Comments Off

ファイナンシャルプランナーは人生のライフプランニングなどのアドバイスをする立場にあり、もちろん老後の生活設計に関しても深くかかわることが多い職です。

そのため、ファイナンシャルプランナーの世界では老後の生活設計に関する用語も色々と飛び交っており、今回はそのうちの『任意後見制度』というものについて、解説していきたいと思います。

老後は認知症などの判断力や記憶力が落ちてしまうことになる可能性も高いです。

よって、そのようになってしまう前に自分の将来や財産管理のことなどの代理権を信頼できる人間に与えておく制度…それがこの、任意後見制度なのです。

尚、任意後見人として選ばれた人間には、後々その権利を取り消すことが出来ません。

そのため、もしも任意後見人にとって不利益な契約だったとしても、解消することが出来ないことだけは注意して契約をするようにしていきましょう。

以上、任意後見制度とはこのような感じとなっています。

もしもこの制度に巡り合った時は、内容をきちんと確認してから契約をするようにしましょう。

12月 5, 2012

支出を削減するためにファイナンシャルプランナーができることとは?

Comments Off

収入を増やすことは非常に難しいもの。

特に残業代のカットやボーナスの削減、さらには勤続年数が長いのに昇給できないというケースも多々あります。

しかし、老後に支払われるべき年金は受給できる年齢が引き上げられていたり、そもそも支払われないという可能性を持っていたりして、非常に危険です。

もはや国はあなたのことを守ってくれない時代。

どのようにして自分の老後の生活を豊かなものにしていくのかということは大きな課題です。

そこで求められるものは、貯蓄額を増やすために支出を削減すること。

もちろん、電気代を削減したり電話代を減らしたりということも大事ですが、それ以上に保険は大きく見直すことができる部分です。

資産運用を考えている方は賢い保険選びを行います。

自分のライフステージにあったプランを選択しています。

しかし、多くの方はまだそこまで考えたことがないでしょうし、どうしたらいいのかわからないのです。

だからこそ、ファイナンシャルプランナーが活躍するのです。

12月 5, 2012

銀行預金に預け入れるだけでは不安な資産形成。賢い資産運用の方法は?

Comments Off

これからの時代、なぜ定期預金だけでは資産が膨らまないのか。

銀行に預金しておけば大丈夫だろうと考えていたけど、これからは少し不安だと思っているあなた。

その考えはとても鋭いです。

定期預金だけで資産運用を行うことは、確かにリスクも低いために安全ではあります。

しかし、年金制度も怪しくなっている昨今、いかにして現状の生活レベルを維持しながらも老後の資金を用意して行くかということが課題となります。

つまり、なるべく大きなリターンが確保できて、なおかつ、できるだけ資産の元本が減ってしまうリスクを避ける方法を考えることが大切です。

そのためには、自分1人の力では非常に危険ですから、資産運用のプロの相談することがベストです。

そこで活躍するのがファイナンシャルプランナーの存在。

資産運用に関して、様々な角度からアドバイスをしてくれる存在です。

どうやったら資産が膨らむのかだけではなく、今の支出から無駄を減らす方法もアドバイスしてくれるので相談するのが賢い方法です。

12月 5, 2012

ファイナンシャルプランナーの専門用語はどんなものがある?①

Comments Off

様々な専門用語が存在するファイナンシャルプランナーの世界。

それでは、ファイナンシャルプランナーの世界に触れても分からない用語に出会って戸惑うことの無いように、ここで簡単に用語を勉強しておきましょう。

それでは、様々な用語について、簡単にご紹介していきたいと思います。

ファイナンシャルプランナーの専門用語集

◇守秘義務

これはご存知の方も多いかもしれないですね。

業務の中で顧客のプライバシー情報を知った場合に、それを他に漏らさないことを守るという義務のことです。

◇コンプライアンス

法律を守り、事業活動を行うことを指します。

◇ライフデザイン

ライフプランと間違えやすいですが、ライフデザインは自分の人生において定めた目標を実現するために、積極的に生活設計を行うことを指します。

◇ライフプラン

こちらはよく耳にする用語でしょう。

自分の夢・目標などをしっかり実現できるようにするための計画を考えること。

このように、ファイナンシャルプランナーの専門用語には、様々なものが存在しているのです。

12月 5, 2012

賢い資産運用を行うためには?誰にも相談できないお金の悩みを解決するには?

Comments Off

清貧という言葉があります。

また、日本では昔から金勘定は卑しいものとされる風潮があります。

他にもご祝儀やお香典は袋に包むことが風習とされていて、これは海外からすると不思議なことのようです。

つまり、お金のことを口に出してはいけないような空気が出来上がっているのです。

しかし、誰だってお金はたくさん欲しいでしょう。

また、老後の生活について考えると少しでも貯金を作っておきたいと思うのは当然のこと。

日本は資産運用について誰にも相談できないのに、お金の問題だけが残るという時代になってしまったのです。

だからこそ、お金のことを相談できるファイナンシャルプランナーが活躍しているのです。

保険、貯金、積極的な投資といった様々な方法を、それぞれの人の悩みに応じて考えること。

これがファイナンシャルプランナーの仕事です。

学資保険はどうするか、医療保険や終身保険はどうすべきか。

多くの方が頭を抱えている、あるいはよく分からないけど払っているものを整理して賢く資産運用していきましょう。

12月 5, 2012

サイト内検索