あなたとファイナンシャルプランナーをつなぐ「withFP」

住宅ローン・資産運用等、FPが無料相談をお受けします。 お気軽にお申し込みください。

RSS Feed

Tag Archives: 資産運用

FX投資の魅力って?

Comments Off

最近資産運用の方法として、FXと言う方法がよくメディアなどでも取り上げられる機会が多くなっていると思います。

FXとは、各国の通貨を利用して、為替変動などを利用して資産を増やしていく手法を指します。

FXは、株式投資と比較するとリスクが少ない所が注目されています。

株式投資の場合、例えばM&Aを仕掛ける時には株価が急騰します。

逆に会社に不祥事があれば、株価が急落することもあります。

値動きが激しいのです。うまくいけば大きな利益を得ることもできますが、失敗をしてしまえば、大きな損失を被る可能性もあります。しかしFXの場合、為替レートを使った取引になります。為替レートをニュースで見ていただければお分かりかと思いますが、変動はそれほど大きくありません。つまり、大きな損失を被る可能性は低いのです。

また株式を発行している会社は倒産をする可能性が、それなりにあります。

しかし紙幣を発行している国がつぶれることは、まずありません。

つまり、自分の持っている通貨が紙切れ同然になるリスクも少ないのです。

12月 5, 2012

ETFとは何か? 資産運用の初歩知識の紹介

Comments Off

資産運用方法には数多くの種類があります。

この記事ではそのうちのいくつかを紹介したいと思います。

まずは国内ETFについて説明したいと思います。

これは上場投資信託(Exchange Traded Fund)というもので、日経平均株価などの指数に連動するように出来ています。

ですからいちいち投資する会社を選ばなくても資産を運用することが出来るわけです。

資金が10万円程あればETFを始めることができます。

また通常の投資信託よりも手数料が安いという利点もあります。

また海外ETFというものあります。

これは「海外の証券取引所に上場している投資信託」のことです。

日本ではアメリカと中国の証券取引所に上場している投資信託を購入することが出来ます。

また金などに投資することが可能で5万円ほどの資金があれば投資することがあれば始められます。

国内ETFにしろ海外ETFにしろ始めるには証券口座を開く必要があります。

条件は会社によって異なるので口座を開設する際にはあらかじめ比較検討するようにしましょう。

12月 5, 2012

そこそこ高いリターンを得ることが出来る資産運用方法とは?

Comments Off

資産運用方法には低リスクなものからリスクの高いものまであります。

ここでは投資した金額以上の損失を出さないで、高いリターンを獲得することが出来る運用方法を紹介します。

株式投資は株式会社に出資することで資産を運用する方法です。

この投資によって得られる利益には、キャピタルゲインとインカムゲインとがあります。

キャピタルゲインは市場で株式を売買することで得られる利益で、インカムゲインには配当などがあります。

株式投資信託という選択もあり、投資対象によって国内型、国際型、バランス型などに分かれています。

証券会社が破綻しても分別管理制度である限り影響は受けません。

また外貨預金という手もありますが、これはドルやユーロで預金をすることです。

ただどうしても為替の影響を受けてしまうため、資産が目減りすることもありえます。

外貨MMFは外貨で投資信託をすることで、投資対象は公社債となります。

利点としては比較的安全性が高いことと、為替差益が非課税という点です。

12月 5, 2012

リスクを抑えて資産を運用する方法とは?

Comments Off

資産運用には様々な種類があります。

ここではリスクの低い方法を紹介したいと思います。

まずはMRFという投資信託です。

これは証券会社に口座を開く際に契約するもので、もっぱら日本国債に投資されます。

そのため安定的に運用され分別管理されている限り、たとえ証券会社が破綻したとしても影響を受けることはありません。

似たような運用方法としてMMFというものがあります。

MRFが短期の公社債を対象としているのに対し、MMFは中長期の公社債を対象とした投資信託です。

こちらも分別管理制度が適用されています。

仮に分別管理がなされていない状況で証券会社が破綻した場合、日本投資者保護基金によって1000万円まで保護されるようになっています。

低リスクの資産運用方法には他にも地方債や社債といったものがあります。

地方債では地方自治体に、社債では会社に資産を貸します。

その信用性は地方自治体と社債発行会社の状態によって異なるためあらかじめ

12月 5, 2012

サイト内検索